山口進・グッドモーニング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

男共、京都へ行く。





さて、関西の話。

9日、金曜日の夜に僕と侍アキヒコ氏は
新宿を出たのですね。

高速バス。
「どこでも眠れる」と自負していたのですが
あまり眠れず。といって寝ました。
しかし、侍に至ってはほぼ眠れず。
過酷。

んで
10日、土曜日の朝に梅田に到着しまして
そこから地下鉄に乗り込みまして
侍アキヒコ氏の知人の住む街へ。
土曜の朝7時過ぎの電車は空いていまして
座る我々。
侍の引いてきたキャスターのついたスーツケースは四輪仕様で
目を離した隙にゴロゴロと車内を転がって行くのでした。
プププ。

その後、
知人宅に荷物を置いたら
さあ、京都へ出発だー!!
と言うわけで、
嵐山付近のある広隆寺へ行きました。
侍アキヒコ氏、寝ていないのにスコブル元気ナリ。
知人を含めた男共は国宝指定一号の弥勒菩薩さんをグワッと眺めるのでした。
言葉はいらない感じっていうんですかね。

その後、車折神社という芸能神社に行きました。
侍アキヒコ氏はこれで三度目、三顧の礼なのだそう。
僕は初めて、あと二回はお参りしなくてはね。

んでその後は、嵐山へ。
渡月橋の向こう側の山が紅葉していたらよかったのに
まだ少し早かった模様。

「平等院行こう」
と言うわけで、電車へ。
僕も一度は行ってみたかったところ。
十円玉のアレです。

でね、平等院の中に入れるんですよ。
これがさ、とても素晴らしくてね。
阿弥陀如来さんもとても良い顔してるんです。
侍アキヒコ氏、スコブル元気ナリ。
鳳凰堂の建物自体もとても素敵でさ、
昔はたくさんの色で彩色されていたんだってさ。
そんなの見てみたいね。
宝物殿はなんだかサイバーチックな感じでこちらもヨロシ。

見物した場所はそんなに多くなかったけど
とてもジュウジツしていたのでした。
「その歴史の前では、自分の歴史なんてちっぽけなものなんだ」
と言うようなことを侍アキヒコ氏は言うのです。
「その大きな歴史に包まれて、癒されて、教えられて、
だから寺院や仏閣に惹かれるんだ」と。
かっこいいじゃねいか。

侍アキヒコ氏、スコブル元気ナリ。

もの凄いタフ。
タッフネース。





スポンサーサイト
  1. 2007/11/14(水) 00:10:40|
  2. 日々のアワブク(日記)
  3. | コメント:4
<<男共、天王子から南森町へ。 | ホーム | トーキョーシティー>>

コメント

京都は今まで2回行ったことありますが若年のころ。
よさはあまり感じなかったです。
大人になっていくといろいろ感ずることもあるみたいな感じですね~。
あぁ~京都へ行きたい。
  1. 2007/11/14(水) 19:43:18 |
  2. URL |
  3. 川崎 #SFo5/nok
  4. [ 編集]

平等院の近くに下宿しているのにも関わらず、まだ一回しか行っていない・・・
大学卒業までに色々見物しよう!と。
  1. 2007/11/15(木) 00:46:55 |
  2. URL |
  3. ソライロ #-
  4. [ 編集]

コメントありがとう

そうなんです。
中学や高校の修学旅行で行ったのとは
当たり前ですが、まったく違う感覚で
京都を楽しめます。
オススメです!!

そして、平等院のそばに下宿しているなんて
うらやましい。
大学卒業までにいろいろ見てください。
ああ、うらやましい。
  1. 2007/11/15(木) 02:07:34 |
  2. URL |
  3. 山口進 #-
  4. [ 編集]

いいなぁー 京都☆
清水寺のライトアップも始まり今週 来週は 混みそうですね☆
  1. 2007/11/18(日) 14:41:50 |
  2. URL |
  3. Yuckey #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

チケット予約など、メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。